足立音衛門オンラインショップ

■よくいただく質問 ■初めてのお客様へ ■メルマガ登録 ■メディア掲載 ■ご利用ガイド

-京菓子のふるさと丹波より心を込めて- 
ゲスト
商品数:0点
価格:0円
  新規会員登録   

<2016年の熊本地震に伴う震災被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。>
-------------------------------------------------------------------------------
2011年の東日本大震災に伴う震災被災地の皆様には 心よりお見舞い申し上げます。 
 ----今、私たちにできること ----
被災地の子供たちの今と未来のために足立音衛門は、あしなが育英会、みちのく未来基金を支援させていただきました。( 詳細は こちらにございます)
2018年3月にご用意した「桃のパウンド ケーキ」「桃のパウンドケーキのパイ包み」は全て、お客様がお買い上げ下さいました。
このケーキの販売代金1,354,078円は、みちのく未来基金に寄付させていただきました。 ご協力いただきましたお客様にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。
■ お知らせ ■

もっと見る



京都府指定無形文化財 丹後和紙

京都府指定無形文化財 丹後和紙




栗のテリーヌ「天」の包装には、京都府指定無形文化財に指定されている京都府福知山市大江町の田中製紙工業所さんの『丹後和紙』を使用しています。左の画像「天」という文字の印鑑を押している札の下にある薄茶色の紙がその和紙です。 下の画像は、和紙の裏側を撮影したものです。和紙の原料である天然繊維がそのまま残したこだわりの和紙に仕上げてもらっています。

大江町は、古くから紙漉(す)きの村として栄えていましたが、現在は田中製紙さん1軒だけしか残っておらず、親子五代にわたって手漉き和紙の伝統を守っておられます。田中製紙さんは原料を育てるところから携わっておられ、丹後和紙に使用するコウゾは、鬼たいじの伝説で名高い大江周辺に栽培されるもののみを使用し、宮川の渓流で晒して一枚一枚丹念に漉きあげていきます。染紙の色づけは、山野の草木等によるものです。○○○・・・


写真をクリックすると拡大表示にてご覧いただけます。

1○○

2○

3○○

4○○

5○○

6○○

7○○

8○○

9○○

10○○

11○○

12○○


13○○

14○○

15○○

16○○

17○○

18○○

19○○

20○○

21○○

22○○

23○○

■丹後和紙 田中製紙工業所
〒620-0324 京都府福知山市大江町二俣1321
TEL:0773‐56‐0743

■和紙伝承館
〒620-0324 京都府福知山市大江町二俣1883(田中製紙工業所さん隣)
TEL:0773‐56‐2106
定休日:月曜日※祝日にあたる場合は翌日
入館:有料 駐車場:有り

手すき和紙の製造工程を用具と写真・ビデオで紹介。 
製作を体験できます。(紙すき体験は10名以上で要予約)



■ おすすめ商品 ■



■TV: 2018年1月25日
関西テレビ 「よ~いドン!」にて 【集栗夢】をご紹介いただきました
■本:2018年5月
「poroco6月号」 にて 【栗のテリーヌ】をご紹介いただきました
▼他にもこちらから詳しくご覧いただけます

【ご注文状況(最新20件)


干支の木彫
 ■お買い物ガイド
 ■返品について
 ■ご注文のながれ
 ■お届けまでの日数