足立音衛門オンラインショップ

■よくいただく質問 ■初めてのお客様へ ■メルマガ登録 ■メディア掲載 ■ご利用ガイド

-京菓子のふるさと丹波より心を込めて- 
ゲスト
商品数:0点
価格:0円
  新規会員登録   

<2016年の熊本地震に伴う震災被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。>
-------------------------------------------------------------------------------
2011年の東日本大震災に伴う震災被災地の皆様には 心よりお見舞い申し上げます。 
 ----今、私たちにできること ----
被災地の子供たちの今と未来のために足立音衛門は、あしなが育英会、みちのく未来基金を支援させていただきました。( 詳細は こちらにございます)
2017年3月にご用意した福島産の黄桃を使ったケーキ「桃のパウンドケーキ」は全て、お客様がお買い上げ下さいました。
このケーキの販売代金1,081,112円は、みちのく未来基金に寄付させていただきました。 ご協力いただきましたお客様にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。
■ お知らせ ■

もっと見る
季節限定品 栗のお菓子 焼菓子 ギフト 季節限定品 こだわりの逸品 ヨーグルト 季節限定品 季節限定品

お砂糖の歴史

お砂糖の歴史
さとうきびの原産地はインドまたは太平洋諸島

あるいは、その両方であると言われています。

また、沖縄でも、その原種が数多く発見されています。



砂糖を結晶させる製造法は

唐の大宗(西暦627~649)の時代に

インドから中国に伝わりました。
日本には、「唐大和上東征伝」の中に

西暦754年に来日した鑑真和上の積載貨物中に

「石蜜、蔗糖等、500余斤、甘薯80束」の記載があり

舶載品として、輸入されていたようです。

この頃は、貴重品であり、薬でもありました。
沖縄の砂糖が、記録に出てくるのは1429年

尚巴志(しょうはし)時代の朝鮮側の記録「李朝実録」が

初見であり

1461年に琉球王の使者が、天竺酒と誤って

砂糖を献上した  とのエピソードから

この頃の沖縄でのお砂糖がまだ、液体のシロップ状態で

あったことがわかります。

初期の砂糖作りは

・さとうきびを二寸ほどに切り刻む

・刻んださとうきびをつき砕く

・袋に入れて絞る

・絞り汁を鍋で付きっ切りで煮詰めて

・煮詰まったら、別容器に移して冷やし固める

という大変手間と時間がかかるものでした。
【二転三鍋法】

儀間真常(1557~1644)が家人を派遣し中国から導入した

二転三鍋法は、砂糖生産増大の大きな

原動力となりました。

この時代に、沖縄に、さつまいもと木綿が伝わりました。

二転子とはさとうきびを搾る車で

このページの画像は車が3個あるため

三転子と呼ばれます。

木製→石製→鉄製と改良されてきました。

三鍋法とは 品 の形に3個、鍋を置き

濃い汁を1つの鍋に集め

ついで、薄い汁を2つの鍋に次第に加えていく製造法です。
現在も、唯一 JA沖縄 粟国製糖工場では

左奥の鍋に、さとうきびの絞り汁をいれ

濃度が上がるたびに、順に右前の鍋に

人手で、移して、直火炊きで黒糖が製造されています。

徳川幕府の鎖国により

琉球の黒糖は、その市場価値が上がりましたが

カリブ海の砂糖プランテーション同様

薩摩藩の収奪に合い、

琉球のさとうきび生産者の生活は悲惨なものでした。

琉球支配前、破綻寸前だった薩摩藩の財政は

幕末、明治維新を迎える原動力の一端を担えるほど

豊かになっていました。

島が戦場となった第二次世界大戦

アメリカ統治を経て、沖縄での砂糖生産は現在に

至っていますが、

製糖工場は、ほとんどが、分蜜糖生産工場となり

わずか  粟国島  伊平屋島  多良間島

波照間島  小浜島  西表島  与那国島

の7島でのみ黒糖が生産されています。

 

島の名前や画像をクリックしてみてください!
多良間島 石垣島 小浜島 波照間島 西表島 与那国島 粟国島 伊平屋島

■ おすすめ商品 ■



■TV: 2018年1月25日
関西テレビ 「よ~いドン!」にて 【集栗夢】をご紹介いただきました
■本:2018年1月
「MAQUIA3月号」 にて 【栗のテリーヌ】をご紹介いただきました
▼他にもこちらから詳しくご覧いただけます

【ご注文状況(最新20件)


干支の木彫
 ■お買い物ガイド
 ■返品について
 ■ご注文のながれ
 ■お届けまでの日数